ターゲットキーワードから派生するキーワード

今日は、「検索キーワード選定の方法」の続きです。

キーワード選定作業が完了したら、検索キーワードを選定して、コンテンツをそのキーワードに向けたコンテンツを作成してきますよね。
そして、アクセス解析をすすめていきますと、ユーザーが様々なキーワードで辿りついて来るのが分かります。

ターゲットキーワード以外のキーワードでも、辿りついて来るのです。

1.派生キーワードの発見

どういうことかと言いますと、ターゲットキーワードに向けたコンテンツを提供していくうちに、その提供されたコンテンツには当然ですが、ターゲットキーワードに関連したキーワードが含まれていきます。
そのキーワードに対してもグーグル検索やヤフー検索のような検索プログラムは、データベースに登録されて、ユーザーの検索結果に影響してくるのです。

ターゲットキーワードは、検索キーワード選定の方法でご紹介したような方法なので、ユーザーが求めるキーワードである可能性、確率は非常に高いのですが、、、100%絶対的なキーワードであるとは、言い切れません。
最も購買意欲の高いユーザーが検索してくるキーワードは、最初の分析で得た結果よりも別のキーワードの可能性もあるのです。

そこで重要になってくるのが、「派生キーワード」なのです。
派生キーワードの発見は、検索キーワード選定の方法と同じくらい重要です。

ですからターゲットキーワードを設定した後のアクセス解析、すなわち、どのような種類のキーワードでユーザーが辿り着いて、どのようなページが閲覧されて人気があるのか、といった分析された情報が重要なのです。

2.さらなるコンテンツの提供

派生キーワードからユーザーが求めるキーワードを分析して、最初に設定したターゲットキーワードではなく、派生キーワードをターゲットにしたコンテンツも提供していくようにします。
派生キーワードはおそらく複数ありますので、それぞれでカテゴリ分けして提供していくと良いでしょう。
コンテンツを提供する側としても、提供するネタの範囲が広がるので、やりやすいのではないでしょうか?

ある特定のコンテンツを考える際には私がよく活用するのは、「マインドマップ」です。
マインドマップは頭の中を整理し、他者に向けて表現する際にも非常に役に立つ手法だと思います。

3.充実したホームページ構成

結果として元々の第一目標ターゲットに対するコンテンツとしても十分魅力的なホームページ構成となり、ターゲットユーザーのホームページに対する印象が非常に良いものとなります。

さらに、検索キーワード対策(SEO対策)としても十分なアクセスを得る事の出来る、「進化していくホームページ」が構築されていくのです。

20131007_1

 

ホームページ作成のお問い合わせ先