スタッフブログを開始するに前に、やった方がいいこと

スタッフブログ、ただ上司の指示でいやいやながら更新していませんか? もしくは更新作業をさせていませんか?
スタッフの業務に対する意識、会社や事業に貢献したいという意識が当然大切な要素になります。
これは個人差によるものが大きく、どのようなスタッフ、人材がそこにいるのかという点に依存します。

では、そのような意識の個人差があるであろうという点も踏まえた上で、よりスタッフブログが機能的に、皆が能動的に、やる気を持って更新作業をすすめるにはどうすれば良いのか考えてみましょう。

1.ターゲットの特性を洗いだす

まず、更新作業の基本、ホームページ構築の基本となる「ターゲット特性の洗い出し」をここでもやって再度確認します。
モチベーションを維持するには」でもターゲットを細かく設定することでモチベーションのアップにもつながると書きましたが、そうすることで何を語った方がよいのか、ターゲットの興味、関心はどこになるのかが見えてきます。

 

2.スタッフの興味、関心を洗いだす

これはあまり聞いたことのない、ライフワード独自のやり方なのですが、スタッフ(更新担当者)がどのような関心があるのか聞き出します。
関心のあること、興味のあること、得意な分野、よく知っていること、もしくはこれから学んでみたいことなど、事業の内容とは全く関係なくて良いのでどんなことが関心があるのか、一人一人聞いてみます。(無理矢理聞きだそうとする必要はありません。できうる範囲で良いです。なんせスタッフのモチベーションが下がる要素は極力避けましょう。)

 

3.ターゲットと、スタッフの接点

1.でターゲットの特性を洗いだし、2.でスタッフの興味、関心を洗いだした後は、この1と2で結びつく事のできる接点がないか考えます。
ターゲットの関心と、スタッフの関心で繋がる点はないのか照合してみるのです。
できればターゲットと、スタッフが同性だとより興味のエリアも近くなるかもしれません。
たとえそうではない場合でも、共通する興味のあるジャンルは探せばあると思います。
そして出てきた接点、重なる関心事などがわかってきたら、スタッフにその方向でのコンテンツ作成、記事更新を提案してみます。
各スタッフが更新するコンテンツの方向性が見えてくるというわけなのです。

 

4.スタッフとは違った視点のオーナーブログ(店長ブログ、社長ブログ、院長ブログなど)

スタッフとは明らかに、知識と、意識と、やる気も違うであろうオーナーブログは、どのようなものにすればよいのか?
スタッフに、おまけコンテンツを用意してもらいユーザーに飽きさせない要素を提供するとしたら、オーナーブログはもっと内容のある、事業と密接に関係した深い内容のコンテンツを提供した方が良いです。
勿論スタッフでもすれが可能、業務に大いに関係する内容を発信することは重要だし、当然あるかと思いますが、最もコアな内容を発信できるのがオーナーブログなのです。社長自身も自分のブログを更新することで、スタッフのやる気を引き出す一つの大きな要素になります。

 

5.リピーターが増える

ブログをこのように、戦略的にコンテンツを構築していくことで多彩な情報を発信していくことになります。
更新の頻度は、「毎日更新しないといけない」ではなく、スタッフが多いなら月に1度、人数によって2週に1度とか全く無理のない範囲で更新を義務化すれば定期的な更新を確保できます。更新がなされていることをユーザーが知ると、一度訪れたターゲットユーザーは関心事の溢れるこのホームページにもう一度訪れたくなるのは必然的になります。

スタッフブログは、あらゆる角度からターゲットに語りかけ、攻めていけるというわけですね。

更新者が多数いることの強み、をご理解いただけましたか?

もし御社の状況がゆるすなら、ブログは複数の担当者でやるのが一番だと思いますヨ!

 

ホームページ作成のお問い合わせ先