まだまだいける業種別「沖縄」関連キーワード

とっておきのインフォメーションです。
あまり知られていない情報だと思います。

「沖縄」関連キーワードは、、実はまだまだいけるっぽいのです。

 

なぜか特定のキーワードだけに集中している現状

勿論、既にほぼ不可能な競合がひしめく、皆さんに狙われているキーワードはあります。
ある特定の業種、ジャンルは、競争が非常に激しくて、皆さんよってたかったそこに集中しちゃっています。

例えば、「クロスロード」というキーワードは月間にどのくらい検索されていると思いますか?

49,500 です。

これは固有名詞なので競争自体が無いのですが、特定のジャンルを、特定のサービスが完全にシェアを独占していることを、インターネットの検索状況から知ることができます。

しかし多くの人が想像できるキーワードは、非常に限られていて、サービスを提供する側がよってたかって同じようなキーワードだけに集中しちゃっているというのが、沖縄におけるインターネットの現状だと言えるかもしれません。

狙うべきは、穴場キーワード

では、何が大事なのでしょうか。
多くのサービスが競争しあって、激しい闘いが繰り広げられている戦場を避けて通ってしまうことも一つの方法です。
そして、集客という目的を達成することも可能になります。
「穴場キーワード」という表現を私は使っているのですが、ニーズはあるがサービスを提供する側が気付いてないキーワードに狙いを定めて行く、という方法です。

全ての業種で適用はできない!?

しかし、すべての業種で「穴場キーワード」があるかと言うとそうでもないです。
業種によって非常にやる価値があり、今直ぐに手をつけた方がいい業種と、すでに全ての関連キーワードが戦場のようになっており、残りわずかな宝を得るために一種のチャレンジ、賭けのような気持ちでやらざるを得ない業種とがあります。

一度、あなた様の業種を調べてみてほしいという方はどうぞお気軽にご連絡下さい。
あなたの業種が果たして戦場と化しているのか、はたまた、チャンスにあふれたジャンルなのか、、楽しみですね。

沖縄以外の他府県の状況も調べることは可能なので、興味のある方はどうぞご連絡下さい。
地方によって、マーケティングは違うと思いますが、沖縄ってある意味特殊な地域性だと思います。

 

お問い合わせ