検索キーワードを調べると、人々が求めている「物」が見えてくる

人が求めている物って、自分(売り手)が予想する物と違うケースってあるんですよね。
 

 

売り手の予想

人々は、こんな物を求めて、こんなキーワードで検索してって、売り手が勝手に考え予想し、その特定のキーワードにみなさん殺到して、群がります。

 

予想外でも、売り手が準備できちゃう「物」

しかし、ターゲットは実際にはいろいろな関連キーワードで検索していて、実際に予測しているものと違う「物」を求めていたりするんです。
勿論、売り手が予想しているキーワードで検索されていると思います。
だけど、まったく思いがけない物を求めていたりするんです。しかも、売り手が提供できる「物」だったりするんですね。
当初売り出そうと思っていた物とは違う「物」とかね。

 

何を求めているのか知る

というわけで、何を求めているのか知る、調べていくことができるのがホームページっていうわけなんです。
いちにのさんで、それを知ることができるケースもあれば、時間をかけてやっと分かるケースもあります。
ご自身の業種におけるターゲットがどんな「物」を求めているか、知りたくありませんか?

もしかしたら、何を求めているか知ることができればターゲットそのものを変えてみる、こともあり得るかもしれませんね。