意外に多い、ツイッターからのアクセス

さて、年の暮れもせまってきまして、
Master も runningな季節になってきましたね。
( Master is running → 師走 )

「終わりよければ、すべて良し」
今年を、バチッと、締めくくりたいものです。

1.以外に多い、ツイッターからのアクセス

アクセス解析していて、わかったのですが、
ほとんど適当にやっていて、
一番、人間関係に気を使う必要も無くて
ただてきとーーーにつぶやいているだけの

ツイッター    が、

最も多くのアクセスをたたき出していました。。
僕のサイトの場合、ですがね。

こうや君のサイト
http://lifeword.biz/

これって、結構見逃せない数値だと思うんです。
それくらい、圧倒的にアクセス数の違いがあります。

他のソーシャルに比べて桁が2つくらい違います。

もし、このことを念頭において今後ツイッターを重視し、
さらにアクセスが出るようにしたら、
どうなるでしょうか?

当然ですが、、

さらに倍増すると思います。

 

2.ツイッターならではの使い方

なら、どのようにツイッターを活用すべきだと思いますか?
ただ単につぶやいていては、おそらく、面白くないかと思います。

これは、どのソーシャルでも言えることですが、

「双方向のコミュニケーション」

が、あってこそ初めて、楽しめる、
もしくは他者が近寄りやすくなる、という特徴があると感じてます。

あと、ツイッターは、やっぱり「趣味」で一致するとかですかね。
僕の場合。
これは僕の考えた「使い方」です。
フォローを選ぶ際は、必ず

「相手が自分にとって興味が持てそうか?」

「コミュニケーションとりやすそうか?」

という2つの点に注意しています。
そして実際にツイッター上でコミュニケーションしてみて、
反応が悪かったり、無かったりすると、
即座にフォローを解除します。

なぜなら、ただ単に一方的に情報を発信されるだけでは、
面白さが、半減どころか、ほとんど面白くないからです。
僕の場合。

ツイッターのタイムラインも、
コミュニケーションが無いと、魅力的なタイムラインにならないと思っています。
コミュニケーションして、
こちらにも興味をもってもらい、
その上で、自分のアピールしてみたい所、
ようするに「宣伝」をすると、効果的かなって思ってます。

フェイスブックとも共通するような、ポイントがありますよね。

 

 

ツイッターの可能性について、
今一度戦略を立て直してみるのも、
悪くないと思いますよ!

シーユー アディオス!!