複数のチャネルを持つ

チャネルというのは、いわば「消費者への到達経路」みたいな意味です。
で、それは、限られたものではなく、複数あった方が良いと言われています。

ネット、ダイレクトメール、新聞などの広告、訪問営業、チラシ、メールマガジン、口コミなどなど、チャネルはいろいろあります。

これらを複合的に、継続的に、活用し情報を発信していき、一度発信していくことを決めたら、最低でもそのチャネルに半年は付き合った方が良いらしいです。

その効果がどの程度なのか、すぐには判断つかないですからね。

ネットだけでも、ホームページ、ブログ、そして、フェイスブックなどのSNS、といろいろあります。これらもすべて固有のチャネルと言えるので、それぞれで、情報を配信していった方がよいですね。

いろいろやると、大変ですが、チャレンジしてみてください。