スマホサイトをデザインすべき5つの理由

多くのあらゆるモバイルデバイス(スマホ)を完全に無視?

それらデバイス(スマホ)にとって非常に相性が悪い昔ながらのやり方で、今も、そしてこれからもホームページを半永久的に運営し続けることは勿論可能でしょう。

しかしちょっとだけ考えて頂きたいことがあります。

今は、2015年。

セグウェイで社内を移動する人たちがいる会社が存在し、完全自動で走る車が公道でテストされ、配達物を無人飛行機で届ける様子がニュースで流れ、火星への片道旅行の候補100人だって選ばれたそうです。

せめて、せめて、いくつかのデバイス(スマホ等)だけにでもホームページを対応させるべきとは思いませんか? 今や、ほとんど全てのホームページはあらゆるモバイルデバイスに最適化され、スマホサイトはもはや当たり前の時代となりつつあるのです。

スマホで閲覧しているターゲット

いくつかのホームページのアクセス解析をして分かったのは、ホームページの訪問ユーザーのデバイス種別は、確実にモバイルデバイスでのアクセスが急激に増加し続けているということです。
人々は何か調べる時は、すぐにスマホを取り出して「検索」します。その現実に対してサービス、ビジネスがどのような準備をしているのか、顧客獲得競争の一つの鍵になります。しっかりした準備をし、スマホで自社のサービスを閲覧された時の備えをしておくことで、顧客獲得チャンスが広がっていき他社が追随できないレベルまで、(今のうちにだから!)その業種におけるWebマーケットを獲得できる可能性だってあるかもしれないのです!

事実、この文章を読まれている、あなたのデバイスだって、「スマホ」であったりするわけですよね。(PCの方だったら、ごめんなさい。)

グーグル

グーグルのデータによるとスマホサイトで購入する人の数は増え続けているが、実際にスマホサイトに対応しているサービスは非常に少ないという結果が数値として把握されているようです。モバイルユーザーの増加率はグーグルの予測を上回るペースとのこと。
要するに、まだ対応しきれていなく多くのとりこぼしがWebマーケット上に存在しているのが現状だということは、あなたにもまだチャンスが大いに残っているということなのです。

集積された様々なホームページのアクセス解析データが示すこと

例えば、クリニックホームページ(弊社クライアント様の小児科及び、耳鼻咽喉科)でのアクセスは、ほとんどがモバイルによるのアクセスが圧倒的に多いことがデータとして明らかになっています。PCとモバイルでのアクセスが逆転した事を知った当時は、少なからず感動しましたし時代の急激な変化というものをひしひしと感じました。
私どものサービスをご利用頂いているほとんどのお客様のホームページではスマホサイトに対応しています。どのようなデバイスでアクセスがあるのかというデータも全てしっかりと取得しており、ご希望されるお客様にはレポートとして提出報告することが可能です。

数値を見れば、その足跡は歴然としたものです。
インターネット利用動向、利用状況を総務省による統計データから見ることでもその数は明らかです。

インターネット利用動向、利用状況

平成25年末における日本人のインターネット利用者数
9,652万人(平成24年末)→ 10,044万人 (遂に億、超えました。)

全人口に対する普及率は
79.5%(平成24年末)→ 82.8% (ほとんどみんなやってるってことです。)

利用媒体:自宅のパソコン
59.5%(平成24年末)→ 58.4% (じわりと減少していますね。)

利用媒体:スマートフォン
31.4%(平成24年末)→ 42,4% (当然のように増加してます。)

スマートフォンの世帯保有率の推移は
2010年:9.7% → 2011年:29.3% → 2012年:49.5%→ 2013年:62.6%
(変化率がもの凄い勢いです。完全にスマホの時代です。)

参照:情報通信白書(総務省)
インターネットの普及状況
インターネットの利用状況

デスクトップ、スマホでのインターネット利用者数は、近い将来逆転しそうですね。
このように様々な有益なデータや、ライフワード企画が独自に得たアクセス解析情報からも、スマホサイト運営におけるノウハウ、情報を蓄積しております。これら全てをお客様に提供できるわけでありまして、スマホサイトがどのようなスピードでこれから変化していくのか、他サイトのデータも共有しながら、ご一緒に見て分析し必要な対応をなしていくことができます。

 
スマートフォンサイト作成に関するご相談はこちらから
 

実際にスマホサイトとして対応させるために

「スマホサイトをデザイン作成するための費用はいくらですか?」

という質問に対して、

「12,000円です。」

と言ったような単純な答えを用意する事は適切でないと言えます。
なぜならそのような質問に対しては、次の2つの状況のうちいずれが当てはまるのか、まずは答えて頂く必要があるからです。

状況1.既にホームページを持っている
状況2.未だホームページは無い

このページを閲覧しているあなたは「既にホームページを持っている方」ですか?それとも「未だホームページは無い方」でしょうか?その他にもホームページの裏で動いているシステムがどのようなものであるかでも状況の違いは発生することになります。

実際にスマホサイトをデザインする上での注意点1「1ページ内のコンテンツ量」

スマホサイトにありがちな負の側面というもがあるとしたなら、それはやはり、

「あまりにも縦に長くなる」

ということではないでしょうか?
当然の解決策としてスマホサイトを作成する場合、ある程度のコンテンツは省く事が時に必要になります。
閲覧できる領域が限られているわけですから、見やすくするなら当然ですが、1ページ内で表示させるコンテンツ量もコンパクトにする事も選択肢として考える必要があります。PCサイトで表示させている全てを表示させるのではなく、スマホサイトではその一部をカットしてしまい必要なコンテンツを厳選して表示させるのです。

実際にスマホサイトをデザインする上での注意点2「構築する上での作業効率」

もう既にホームページはお持ちでしょうか?そのホームページは管理機能はありますか?
ライフワード企画が提供するホームページのほとんどは「ワードプレス」というコンテンツマネジメントシステムで動いていまして、容易にホームページコンテンツの管理ができるようになっています。また、ワードプレスを活用するメリットはそれだけではなく、スマホサイトとしても機能することができるのです。
PC上での表示、スマホでの表示といったデザインを分けて考え、構築していくのに非常に効率的に作業をすすめることができます。ですから作成コストを考えた場合でも、より低コストで作成、構築することを考えた場合、このワードプレスを活用することがよりベターであると考えます。

 
スマートフォンサイト作成に関するご相談はこちらから
 

実際にスマホサイトをデザインする上での注意点3「モバイルSEOの理解」

ここが最も難しく、これから重要になる可能性があると思われるセクションです。
スマートフォンの画面は小さいです。
当然ですがタイトルや、サブタイトルなどの文言を表示させるにはデスクトップに比べると長々としてしまうわけにはいけません。と言いつつ、この章のタイトルはあまりにも長すぎるのは、なんとしたことでしょうか(とりつく島もありません、という慣用句の英語バージョンはあるだろうか?)。

事実、モバイルに最適化するという作業がいかに難しいのかを表しています。言いたいことを、スマホとデスクトップと両方の側面から文言のタイトルを考えるというなんともややこしい時代に突入したという、ウェブデザイナーにとって非常に頭の痛い時代だということです。スマホサイト用のタイトル、スマサイト用のコンテンツ、スマホサイト用のキーワード、スマホサイト用のアクセス解析といった感じで、SEO対策に関しても今後はデスクトップでの表示と完全に切り分けて考えなくてはならない必要がすぐそこまで迫っています。

スマホを操作する女性

世界のモバイルマーケティング

先ほど総務省のデータでは、日本のデスクトップユーザーがモバイルユーザーに追い抜かれそうだと紹介しましたが、実は、グローバルな視点に立って見ますと既にモバイルユーザーの方がデスクトップユーザーを上回っているというデータがあるようです。

アメリカのインターネット視聴率の測定及びデジタル市場分析を行うコムスコア社のデータによると2013~2014年にかけて、その逆転現象が起こったデータが紹介されています。

Number of grobal users

その他にも様々なデータが検証されています。

・ 91%の成人男性がスマホを持っている(モルガン・スタンレー)
・ この惑星に68億の人々が暮らしているが、その内の40億人がスマホを持っている。(60SecondMarketer.com)
・ 25%のアメリカ人はインターネットにアクセスするために、モバイルデバイスだけで行っている。(GoMoNews.com)
・ 1時間以内に70%のモバイル検索者は何かしらアクションを起こす。これはデスクトップPCが1ヶ月かかって得られる数値である。(MobileMarketer.com)

低コストで抑え、効率的にスマホサイトへ

とは言っても、現実に出来ることは限られています。今すぐに行わなければならないモバイルマーケティングの全てをいきなりなんの対策もなされていないホームページに行うことは膨大なコストと時間を要します。
また、いきなり全てを完成させてしまうという試みは非常に危険で、ライフワード企画の推奨するやり方ではありません。なぜかと言いますと往々にしてウェブサイトというものは失敗がつきものだからです。テスト、失敗、解析、修正、テスト、失敗、解析、修正の果てしない繰り返しの果てに、遂には最適化されたウェブサイトという目指すべき目標にやっと近づく、という感じです。

まずは最も基本的なレイアウトをスマホサイトとして機能するように対策をなし、その上で、モバイルマーケティングの分析をすすめていき、日々飛び込んでくる情報を検証しながら、ライフワード企画が御社にとってよりリスクの低く効果があるご提案をしていきたいと思っています。

 

スマートフォンサイトの作成は、お客様の置かれた状況により作成コストが変化します。すでにホームページを持っている場合、まだホームページを持っていない。ホームページを持っているが、スマートフォンに対応していない、etc..といった感じでいろいろございます。ですから、まずはご相談下さい。

 

ホームページ作成のお問い合わせ先