更新サポートの開始と終了時期

ホームページの更新サポートを行っていますと、いくつかのことに気付きました。

1.開始時期と終了時期

まずあげられるのが更新サポートを行う期間というのは、クライアント様の状況によって違う、ということです。
ホームページを立ち上げた当初や、スタッフブログを開始する時期は当然ながらサポートが必要ですし、アクセスにどのような影響をもたらしているか知ることでやる気も出ますし、慣れない更新作業もサポートがあればいつでも分からないことを聞くこともできます。

しかし、ある程度更新作業がスムーズになり軌道に乗っていった場合、更新サポートが必要なくなることもあるのだと分かりました。更新の方法が分かり、継続更新するサイクルさえ作りだすことができれば更新サポートはいらないことのです。
アクセス解析のご報告、ブログ更新ではできないその他の更新作業、そしてシステムセキュリティなどといったことは継続的に必要になりますが、それは必要最低限に年に一回くらい行えば良いのです。

2.生きたホームページ

更新サポートを行うことでもう一つ分かったのは、ホームページが「生きた」ホームページになる、ということです。更新作業が定期的に行われていきますので、どんどんアクセスも増えていきますし、サービスの内容も伝わりますし、結果としてビジネスの利益につながっていきます。

様々な中小ビジネスのホームページを見ると、更新が滞っていたり、完全にストップしていたりする現状は今でもあります。逆に、自力でホームページを立ち上げて更新し続けることによって、良い印象を与えるケースもたびたびみかけます。

ホームページは普通の広告と違ってリアルタイムに情報を発信し続けることが可能な、「生きた声」のような所があります。ですから、コミュニケーション媒体のようにも考えることができます。発信する側は、一方的にただしゃべっているように思えてしまうのですが、そうではない、ということを頭に入れておく必要があると思います。常に見られていて、こちらの「声」を待っている、と思っていた方がよいかもしれません。

ホームページを「生きたホームページ」にするために、更新サポートはやっぱり必要なんだと実感する今日この頃です。

 

ホームページ作成のお問い合わせ先