ホームページのセキュリティ問題

悪意のあるプログラマー達は隙だらけのホームページを狙ってきます。そして乗っ取り、悪用し、クレジット情報、個人情報が盗まれる、、なんてことが起こるのです。
不特定多数をターゲットとしているケースと、特定の攻撃目標を絞っているケースがあります。

昔ながらのホームページ制作方法(HTMLのみで作られている)で作られているケースも狙われることが分かりました。HTMLファイルや、フォームプログラムなどを何年も放置し、ずっと長い間乗っ取られて悪用されているが、全く気づけていなかったという事態も発生してしまうという事が実際に起こっています。

ワードプレスのセキュリティプラグイン

ホームページの管理システムであるワードプレスを導入することでホームページのセキュリティはある程度高めることができます。プラグインは世界のプログラマーたちが無償、有償で提供するものですが、常に新しい環境に対応するセキュリティプログラムを導入することが容易になります。コストパフォーマンスも非常に高いです。

今では一般的になっているこのワードプレスに代表される管理システム(Contents Management System)を導入し、ホームページのセキュリティを高めていきましょう。

Xサーバーのセキュリティ体制

システムを置くWEBサーバーにもセキュリティの対策が重要になっています。セキュリティへの意識、対策が不十分であったり信頼のおけないホスティングサービスの場合、いつなにが起きてもおかしくない時代と言えるでしょう。ですからあらゆるケースを想定した十分な対策をしているホスティングサービス、レンタルサーバーを見つけるのは非常に重要な事です。

ライフワード企画ではXサーバーをお勧めしています。これまで特に問題は起きず、逆に問題がこちら側であった場合でさえサービスの方から連絡して重大な事態になっていることを気づいていない私に教えてくれた事も一回ありました。名のある会社だから、という理由ではもはや判断材料にならない時代ではないでしょうか。あらゆるケースで、本当に信頼できるサービスを見つけていきたいものです。

セキュリティに関する意識

ホームページを放置することさえ、セキュリティ上の大きな危険をはらむことになります。いつの間にか乗っ取られ、いつの間にか悪用され、いつの間にか会社の評判が落ちていた、なんてことが起こりうる時代です。ちょっと前まではそんなこともありませんでしたが、いまやホームページへの攻撃はいつでも起こりうる事として考えていかないといけません。

自分のパソコンにセキュリティソフトを入れる、それは勿論大事なことです。それと同じようにホームページをもし運用しているならホームページにもセキュリティが必要なのです。私自身セキュリティの専門家ではありませんし、セキュリティに関する知識は十分ではないと思っています。ですが、できることはやっておいた方が良い、というせめて意識だけでも持つ必要はあります。そのちょっとした労力、コストが、悪意あるプログラムから狙われる確率を大幅に減らしていくのは間違いないと思います。

20160512_3