日本人のインターネットセキュリティにおける現状

中国ハッカー、穴のあるサイト公表…日本関連も (読売新聞) – Yahoo!ニュース

日本におけるインターネットセキュリティの現状は非常に低いのだと思います。その点、中国はいい意味でも悪い意味でもセキュリティホールを見つけることのできる非常に高い能力を持つ人材が自然増殖的に広がっているような情報を、最近よく耳にします。

ヤフーのニュースになった中国のハッカーたちは、ハッカー行為という作業が一般的になっていて、より普及しているような印象を受けます。

一人のホームページ制作者として、由々しき問題であると思っています。私自身セキュリティに関する知識を増やしていく必要があります。そして私が単純に考えて、以下の順番でインターネットセキュリティに関するリテラシー(知識)を少しでも高めていく必要があるのではないかと、思いました。

1.Webシステム開発者

2.Webデザイナー(私のようなフリーランスの人達)

3.ホームページ運営者(ホームページを持っている人)

とりあえず、危険があるということ、そのことを認識することからスタートしたいですね。そして、何らかのできることをする、情報を集める、希望としてはインターネットセキュリティに関する意識が日本全体に自然増殖的に広まっていくような、そんな流れができるといいなって思います。

ちょっとずつ私も分かった情報は、発信するようにしていきます。

20160516_1