日本の動画サイト利用動向

動画配信に関して、ここ最近提案する機会がいくつかありました。
どのように動画を撮影し、アップロードし、配信するのか、、その一つ一つは作業をする時間、スキルといったものも考えないといけません。
それと同時に、どのような配信サービスが適しているのか、と言う点も重要になってきます。

YoutubeとUstreamの利用状況を調べてみましたので、動画配信を既になさっている方や、これから検討されている方は一度ご覧になってみたら良いかと思います。

2012年のデータ
【日本の動画サイト利用動向】Google・ドワンゴ・FC2の3強、年齢層に違い – comScore, Inc 2月 21, 2013

2014年のデータ
日本の動画サイト利用動向 – comScore, Inc 1月 20, 2015

2012年には4位だったUstreamが2014年にはトップ10から姿を消しております。
ちなみに両方1位のGoogle SitesはYoutubeを包含しております。

あなたは説明できますか?配信側から見たYouTubeとUSTREAMの違い | 動画マーケティング研究所 by crevo

Ustreamはライブ配信できる利点、特長が大いにありますが、現状の利用者数の少なさが気になりますし、Youtubeはライブ配信できませんが利用者数の多さを考えると、捨てがたい感じはします。